スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房総市和田町の黒滝へ

天気予報では雨。
起きたときにはまだ雨雲が残ってたので、本日のポタリングは諦める。

かねてから行きたいと思っていた和田・白浜地区の「滝」をいくつか見に行くことにした。

まず向かったのは、南房総市和田町花園にある黒滝。
海沿いの国道126号線からちょっと陸側に入ったところにある集落から花嫁街道へ。
しばらくいくと花婿ハイキングコース・黒滝と書かれた看板が出てくる。


Untitled

こんな道を通って滝のすぐそばまで車で行けるのは便利。
入り口付近には車数台分が駐車できるスペースもありました。



Untitled

車を降りて滝の方へ。
ここは滝の上流を渡る橋。
この右側に滝口があります。



Untitled

橋の左手(上流)。
そんなに大きい川ではないですね。



Untitled

階段を降りて滝壺の方へ。



Untitled

すると見えてきました。



Untitled

真正面から見た図。
この滝は上、中腹(下り階段ごし)、滝壺正面といろいろなアングルから見ることが出来ます。


Untitled

そして、この滝のすばらしいところは渓谷となっている川や周囲の地形が織りなす景観と空間。
滝そのものはそんなに規模の大きいものではありませんが、
独特の静けさと心地よい孤独感を感じさせる空間が見事の一言でした。

住宅地や交通量のある道路などの喧噪から離れてる山林の中。
それなのに大して歩かず行ける…というのがなんともいいですね。
川下の方を歩いて行くと花園公園(?)に繋がっているようでした。

この滝は本当にオススメです。
写真だけでは空間感が伝わらないので、よろしければ動画でもどうぞ…
滝の場所は一番下に地図を貼っときます。




黒滝(南房総市和田町花園)

より大きな地図で blogmap_001黒滝 を表示
スポンサーサイト

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

南房総西半分をポタリング…

本日はお日柄も良かったのでポタリングに…。

館山→三芳経由で410号線を北上して鴨川へ。
あとは海岸沿いに千倉、和田、白浜を通って戻るルート。

つまりはこんな感じ↓


南房総の西半分周回コースで約90㎞の行程でございます。

そんでもって、話はいきなり中間地点に飛びます。
前半は走るのを楽しんでいたので、写真を撮っていなかったもので…(笑)。

馬琴

その中間地点が鴨川。
お昼時に着いたので、『馬琴』で昼飯。


馬琴

食べたのは「房州味噌野菜ラーメン」。
元職場の同僚が激しくオススメしていたので一度行ってみたかったんです。
メタボ対策を兼ねてのポタリングなのに、濃厚系のラーメンでしっかりとカロリーを回復。
中途半端に野菜ラーメンにしているところに往生際の悪さが…(^^;)。


Untitled

食後はさらにゆっくりとしたペースで外房を走る。
海岸は結構波があったけど、風はあまり強くなかったのはもっけの幸い。

帰りは安房神社近くの『Awa Cafe』で長めの休憩をしようと思っていたのだけど、
白浜あたりまできたらすでに疲れてしまいました。
なので、ちょうど良いタイミングでたまたま見つけたよさげなカフェで休憩。

BLUTO's Cafe

『BLUTO's Cafe』っていうのですけど、レトロな建物を上手にアレンジしてました。
安房白浜線と房総フラワーラインのぶつかるところにあるのですが、いままで気づきませんでした…。



BLUTO's Cafe

広めのカウンター、それにテーブル席もあります。
カウンターがテーブル席と若干離れているので、
グループの先客がいても一人客が入りやすかったです。

採光もよくて、全体的に明るく開放的な感じでした。
お店のご夫婦もすごく感じが良く、居心地のいい場所でした。


ちなみに、場所はここです↓

より大きな地図で BLUTO's Cafeの場所 を表示


いやぁ、今日はいいお店を発見できてよかったよかった。

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

S特攻部隊!?

今日は館山から千倉、安房白浜方面へポタリング。

ルート開拓を兼ねて、気の向くままに走ってるときに千倉で気になる建物を発見…。

Untitled

何の変哲もない家のようですが…。

通りがかりにこんな看板が眼に入ってきました。

Untitled

そこには『まちかどミニ博物館』という文字。

何となく気になったので、中を覗く…

Untitled

すると一般家屋を改造して作ったらしき展示スペースが…。
中には誰もいない。
「ご自由にどうぞ」というメモ書きがあるものの、勝手に入っていいものか迷うこと10秒…。

勝手に入ってしまいました…(^_^;)。

展示されていたのは、明治期渡米した房総のアワビ漁師達、それに館山・南房総周辺の戦争遺跡関連の史料・写真。

その中でも個人的に興味を引いたのが、S特攻部隊(S特)といわれる特殊部隊に関する展示でした。
正式名称「呉鎮守府第101特別陸戦隊」といわれる部隊。

途中から現れた鈴木さんという、ここの館長(?)が教えてくれた話では…
いわゆる桜花、回天や震洋といった自爆としての特攻ではなく、ゲリラ戦術を駆使した特殊戦を展開する部隊ということらしいんです。

潜水艦で敵の占領地域・島に潜入して後方攪乱するのが任務ということですね。

言ってみれば陸軍中野学校の海軍版実戦部隊と考えればいいのか、と。

隊員は欧米風の容姿を持つ人が集められ、訓練時の服装や食事もアメリカ風だったんだとか。

そんな部隊があったというのがまずは驚きなんですけど、その養成機関が館山砲術学校だったというのも初めて知りました。。
平砂浦や富浦町大房岬で訓練をしてたんだとか…。

全然知らなかったな…。

皆さんはご存じでした?

(関連リンク)
米国でのアワビ漁伝える資料 鈴木さんがミニ博物館 南房総千倉 別宅改造し収集資料展示(房日新聞)





テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

館山野鳥の森

本日は休み。
ということで館山野鳥の森を歩いてきました。

鳥のさえずりで癒やされようと思ったのだけど、時折聞こえる
ウグイスやトンビのさえずりは、蝉の鳴き声にかき消されてました…。

とはいえ、森林の中は木々の枝でできたトンネルとその隙間から入る
木洩れ日が見事な陰陽の空間を創出。

ものすごく気分良く歩けました。

Untitled

私が歩いたのはバードウォッチングコースという2.4㎞くらいのコース。
50~100mくらいのアップダウンがある山の中を歩くます。

とはいえ、道はかなり整備されているので非常に歩きやすかったです。

山歩きと言うほどの大変さはなく、ややきつめの上り下りのあるハイキングコースという感じでした。

途中にあった展望台からは平砂浦の海岸が一望できます。

Untitled

光が燦々と差し、緑々しいこの時期の森も生命の息吹が感じられてよかった。

でも、秋口あたりに野鳥のさえずりが静寂な森に響く中を歩くのもいいかなと思いました。



■千葉県立館山野鳥の森公式HP
http://www.chiba-forest.jp/yachou/

テーマ : 写真ブログ
ジャンル : ブログ

お引っ越し

2月から張り切って自転車通勤を始めたものの、あえなく挫折。

なぜかといいますと、千葉県の館山に転居することになったためです。

てなことで、プロフィールの内容が変わります!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

プロフィール

さる艦長

Author:さる艦長
年齢/39歳 性別/オス 生息地/千葉県館山市

生まれは山形、育ちは横浜などいろいろ。心のふるさとは新潟県柏崎市。2012年3月より東京から千葉県館山市に移住。
歴史(特に海軍史)が好き。日本ハムファイターズのファン。最近のブームはロードバイク。

リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。